ドナー登録バナー

Act Oneについて

こんにちは。
こんにちは。株式会社Act One代表の玉置隆雄です。

世の中には不妊で悩んでいるたくさんのご夫婦がおられます。晩婚化の流れもあり、近年子宝に恵まれないご夫婦は増加の一途となってます。

不妊治療をされているご夫婦を受け入れる病院も限られるため、ご夫婦の負担は相当なものです。

代表

日本のクリニックでの治療は子宝という言葉通り、サポートはするけれど、妊娠するのもしないのも最終的には運任せ的、といった表現が当てはまるかもしれません。

よって、不妊治療をするご夫婦はまさに神に祈るような気持ちで治療を継続することになるのです。不妊治療はよくすごろくに例えられます。不妊治療すごろくです。

ファーストステップはタイミング法、セカンドステップは人工授精、サードステップは体外受精、最終ステップが顕微授精と順番を追って駒をすすめなければなりません。
もちろんすごろくですから、1回休みや振り出しに戻るなんてことも珍しいことではありません。

何度も振り出しにもどった挙句の果てに、成功しないのは卵子の老化が原因ですと宣告されて、途方に暮れるご夫婦もたくさんいらっしゃいます。
弊社の卵子提供プログラムはまさにこのようなご夫婦のためにあります。

永年頑張ってきたし、諦めきれない。どうしても自分の赤ちゃんを胸に抱きたい。
Act Oneの卵子提供プログラムでは、そういったご夫婦の希望を叶え、光明を当てることができるのです。

まさに救世主的な存在といえるかもしれません。

この卵子提供プログラムのような治療を生命倫理学の世界では救済治療と呼びます。
Act Oneは海外の優秀なクリニックとの提携により、救済治療を望むご夫婦とクリニックとを繋ぎ、皆様の希望を叶えたいと思っております。

もちろんそのため若く健康なエッグドナーさん達の募集にも全力をあげております。
先日にはAct Oneのエッグドナーサイトもオープン致しました。

日本ではエッグドナーという存在がまだまだ認知されているとは言い難い状況です。
弊社では将来のエッグドナー候補にもアプローチできるように、潜在的なドナーの掘り起こしに努めております。

エッグドナーを経験したみなさんからは素晴らしい体験だった、とのご感想をいただきます。

エッグドナーさんにとっても、卵子提供プログラムに参加するということは、
・自分を見つめる良い機会になったり、他人の役に立つことについて実感できる
・生命について見つめることができる
・自分の将来の赤ちゃんのこと、家族のことを考える時間を持つことができる
エッグドナー経験後には深い充実感があるとのことです。

Act Oneは、安心で、料金体系が透明で、クライアントであるご夫婦に寄り添ったサービスとサポートを提供できる卵子提供エージェントとなりたいと考えています。

卵子提供サービスを望んでいるたくさんのご夫婦に喜んでいただくことが弊社の目標です。
卵子提供プラグラムを受けたいと思われているご夫婦はたくさんおられます。

安心して受診できる質の高い医療のニーズはとても高いのです。
わたしたちAct Oneはそれらの方々と、海外の優秀なクリニックとを繋ぐ架け橋となって卵子提供プログラムを提供していきたいと考えています。
 

株式会社Act One 代表者プロフィール

埼玉県に生まれる
埼玉県立熊谷高校に入学(水泳部に入部)
同志社大学商学部に入学(同志社交響楽団に在籍)
株式会社三井銀行(現株式会社三井住友銀行)に入行
外資系金融会社に転職
2015年7月7日
株式会社Act One を設立し代表取締役に就任
JSA 社団法人日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパートNo7315
日本不妊カウンセリング学会 会員

 
 

お気軽にお問い合わせください。03-5244-4712受付時間 10:00-18:00 [ 金・日を除く ]

卵子ドナー登録はこちらからあなたを必要とする方々のために。あなたの善意を求めています。