タグ別アーカイブ: 謝礼金

                                    

エッグドナーは報酬ももらえる

                                                                

望めば、誰もが妊娠・出産できるわけじゃない

ひと昔前は、女性の夢は「お嫁さんになって主婦になること」でした。いまは女性も社会人としてあらゆる方面で活躍する時代です。
そう「一億総活躍社会」なのです。このため結婚・出産よりも仕事を優先すると、当然のことながら、女性の晩婚化が進みます、晩婚化が進めば必然的に出産年齢も上昇します。
「結婚して子作りをしたら、すぐに子供が出来ると思ってた」、「生理があれば子供は出来るじゃないの?」不妊治療の患者さんがよく口にする言葉です。
希望するタイミングで妊娠、出産することが出来た女性がいる一方で、加齢や早期閉経、卵巣や子宮の疾患、ターナー症候群、相互転座など様々な理由による不妊に悩んでいる女性がたくさんいらっしゃいます。
「赤ちゃんがほしい」と希望しながらも、なかなか妊娠が成立しないご夫婦は5組に1組、とも言われています。
妊娠しやすさ、は女性の年齢により大きく変化していきます。一般的には女性が最も妊娠しやすい年齢は20歳前後と考えられています。
年齢が上がる程、妊娠しない割合が増えていきます。40歳の女性の妊娠する可能性は5%程度しかありません。40代での自然妊娠はごく稀なことなのです。テレビで見る著名人が40歳以上で高齢出産するニュースは不妊カップルに希望を与えますが、これは高度生殖医療があるからこそです。「赤ちゃんがほしい」と思いながらも妊娠しないカップルは、年齢が上がると共に、妊娠しないという割合が増加していきます。45歳を過ぎると、例え排卵や生理が定期的にあっても、妊娠できる可能性は殆どなくなります。

卵子提供のアクトワン

不妊の原因にはどういうものがあるのだろう

不妊症の原因には、排卵因子、卵管因子。子宮因子、頸管因子、免疫因子などがあります。
このうち、排卵因子、卵管因子に男性因子を加えた3つの要因は頻度が高く、この3つの因子を不妊症の3大因子といいます。
排卵因子とは排卵障害、卵管因子とは卵管の閉塞や狭窄、癒着などのことです。
男性因子とは男性に不妊症の原因がある場合で、射精がうまくいかないケースと精子に問題のあるケースの2つのケースがあります。
この他に、どこにも明らかな不妊の原因が見つからない、といったケースを原因不明不妊と呼んでいます。
この原因不明不妊は、実に不妊症の1/3を占める程多いので、不妊治療をするカップルはますます悩んでしまうことになります。原因が分からなければ対処のしようがないので、一通りやってみるしかありません。
原因不明不妊には妊娠しやすさの低下によるものもあります。これは精子あるいは卵子そのものの妊孕性(にんようせい)が低下しているか、もう既にない場合です。
妊孕性の低下は加齢が原因で、女性では、37歳から44歳の間のどこかの時点で妊孕性がなくなります。
一旦、精子や卵子の妊娠力が消失してしまうと、現代の医学をもってしてもなかなか有効な治療法がありません。
卵子の核移植などの治療法が出てきてはいますが、まだまだ実用には至っていないのが実情です。これは遺伝病の予防などを目的に、受精卵の核を別の女性から提供されて核を取り除いた卵子に移植して胚を培養するというものです。

卵子提供のアクトワン

エッグドナーになるためには

このような不妊症とされる女性が妊娠するためには、卵子提供による体外受精が有効です。
卵子提供は、第三者から提供された健康な卵子と男性の精子とを体外受精させて受精卵を作る不妊治療法です。
卵子提供で使われる卵子は、エッグドナーと呼ばれる20歳代の女性から提供されています。
日本でエッグドナーというとまだあまり馴染みがなく、あなたの友人や知り合いに「わたしドナー登録してるんだ」という女性はそうそうはいないと思います。
しかしアメリカやヨーロッパ、マレーシアなど、卵子提供による体外受精が一般的な不妊治療として行われている国々ではエッグドナーは珍しい存在ではありません。学生を始めとした多くの若い女性がドナー登録をしているのです。アクトワンに登録のあるドナーさんの中には実際に、海外留学中に「エッグドナー」という言葉を知った、という方も多くいらっしゃいます。
エッグドナーになるには、まずドナーバンクや卵子提供プログラムのエージェントへドナー登録をすることが必要です。

エッグドナーになるには条件がある

卵子提供では健康で良質な卵子が求められるため、エッグドナーにも厳しい条件があります。
卵子提供を受ける患者さんはエッグドナーの容姿や年齢、国籍や健康状態などから、どのドナーから卵子提供を受けるか決めるため、かなり詳細なプロフィールを登録する必要があります。
治療を受けるカップルからエッグドナーに選ばれると、実際に卵子提供プログラムを実施する国外の都市へ行って、そこで2週間程度滞在して治療し、採卵します。
渡航費用や宿泊費用は登録している卵子バンクやエージェントから支払われます。
滞在中の通院以外の空き時間は自由に行動することができるため、旅行感覚で過ごすこともできます。ただし、採卵には排卵誘発剤投与の為の自己注射が必要であるなど、エッグドナーには負担もあります。

卵子提供のアクトワン

エッグドナーの報酬とは

エッグドナーに選ばれ、実際に採卵が済むと報酬を受け取ることができます。
報酬の額は卵子バンクやエージェントによってさまざまですが、50万円~100万円が多いようです。
この報酬は卵子そのものの代価を支払うという意味合いのものではありません。エッグドナーの長期に及ぶ海外渡航や、現地での採卵のための治療といった労力に対する謝礼として支払われるものです。

アクトワンのドナーさんへの謝礼に対する考え方は、弊社のホームページに詳しく書かれています。ぜひサイトもご覧下さい。
 ★エッグドナーの方への謝礼
アクトワンのプログラムにご協力いただいたドナーさん方への謝礼は、たとえ卵子の数が少なかったり、質が劣っていたりしたとしても報酬の額が減額されるわけではありません。

エッグドナー募集中

アクトワンは、卵子提供プログラムにご協力いただけるエッグドナーさんを随時募集しております。
長い不妊治療の果てに、卵子提供によって、ついにわが子を授かることのできたご夫婦の喜びは計り知れないほど大きなものです。
そしてそのご夫婦に卵子を提供した、エッグドナーさんに対するご夫婦の感謝の気持ちも、限りなく大きなものとなります。
エッグドナーさんは必ずご夫婦と共に喜びと充実感を感じることが出来るでしょう。人の役に立ちたいと思っているあなた。若い今だからこそ出来る協力もあるのです。ぜひアクトワンのエッグドナーとして登録して、赤ちゃんを望むご夫婦の力になってあげて下さい。

                                    

エッグドナーと謝礼金の関係は

                                                                

卵子提供プログラムが成立するのは「エッグドナー」の方の存在があってこそ、ということができます。

エッグドナーになるには、長い休暇を取得しなければならない

卵子提供を受けることを希望する方の多くは、ご自分の卵子では妊娠が難しく、そのままでは赤ちゃんを授かることを諦めざるを得ないといった方たちです。
生まれつき卵巣機能が良くないといったケースや、加齢により卵子が老化してしまったというケース、または早発閉経となってしまったケースなど様々です。
エッグドナーとして卵子を提供してくれるのは20代の心身ともに健康な女性。20代の女性と一口で言っても、学生の方もいらっしゃれば、お仕事を持って働いている方もいらっしゃいます。
若い女性もみな、とても忙しいので、エッグドナーとして協力していただくための2週間と少しの海外での滞在は、ドナーさんにとっての大きな負担です。
もちろん、ドナーさんは海外渡航のために休暇取得をしてなくてはなりませんし、学生のドナーさんには学校の授業を休んでいただく場合もあります。
エッグドナーとして海外に滞在中には、提供していただく卵子を育てる為に、排卵誘発のお薬を毎日、ドナーさん自身で、自分のお腹に自己注射してもらわなければなりません。
その為、学業やお仕事を調整して、お休みを取得していただくことや、海外に滞在中に様々な治療にご協力をいただくことへのお礼として、謝礼金をお渡ししています。
一般的な謝礼金の金額としては、50万円から100万円のあいだ、としているエージェントが多いようです。
※Act Oneエッグドナー謝礼金はこちらから

ドナーさんからの愛情
ドナーさんからの愛情

ドナー協力の間にも、費用がかかる

エッグドナーになると、17日間ほど海外に滞在して過ごさねばなりません。
その間は学業も、日本での仕事もできませんし、現地での食費など、滞在費がかかります。
さらに、日本にいなくても、日本の自宅の光熱費等の固定費は発生しますので、その分も払わなければいけません。
このように、エッグドナーさんにご協力いただいている間にも、ドナーさんには諸々の費用がかかりますので、ドナーさんへの謝礼金は卵子提供プログラムには必須のものとなっているのです。

たくさんの卵胞を育てるとは?

通常女性の周期では、1つの主席卵胞以外の、たくさんの小さな卵胞たちは、その周期の途中ですべて消滅してしまいます。
卵子提供プログラムでは、エッグドナーさんは排卵誘発剤を使うことにより、その周期にあるすべての卵胞を大きく育てる、という治療をします。
通常は1個の主席卵胞が2cm程の大きさに育って排卵しますが、卵子提供プログラムのドナーさんの採卵では、20個から30個の卵胞が1.5cm程に育つのです。
たくさんの卵胞が大きくなるためにお腹が張る、生理痛のような鈍痛がある、といった症状も出てくることがあります。これらの症状は、採卵後の生理開始と共にリセットされてなくなります。
採卵時には軽い麻酔を用いるので採卵自体の痛みはありませんが、麻酔から覚めた時に、麻酔による軽い吐き気があるという方もいらっしゃいます。
それぞれの症状の出方には個人差があります。現在では、排卵誘発の技術の進歩もあり、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)が発生することは、ほとんどなくなりましたが、卵子を採卵するということには、そのようなリスクもあるのです。
そのことを十分に理解した上で、「赤ちゃんが欲しくて困っている方の役にたつのなら」と、ご協力いただけるエッグドナーさんのお気持ちは、赤ちゃんを望むご夫婦にとっても、私たちエージェンシーのコーディネーターにとっても、非常に尊いものであるといえるのです。

排卵誘発とは
排卵誘発とは

各国のエッグドナー事情

欧米ではどのように考えられているのでしょうか?
例えばスペインでは自分を犠牲にして、他の人を助けるといった奉仕の考えが行動原理となっている文化があります。
そのスペインでは、卵子提供をする際のエッグドナーへの謝礼金は様々に事細かに決定されているということです。
タイの場合は、原則として医師会が謝礼金を禁じてはいますが、罰せられることはないようです。
しかし、現在では外国人に対する、タイ人ドナーさんからの卵子の提供は禁止されています。
アメリカの場合には、多数の卵子提供のエージェントがありますし、謝礼金の額も各エージェントによって様々です。
10万円から数100万円とばらつきがあるようです。ドナーとしての協力経験の有無や回数、よい卵子であったかどうかといった過去の実績、学歴、容姿等、様々な基準により謝礼金に違いがあるようです。

日本人女性がエッグドナー登録するには

日本人女性がエッグドナーとして登録を希望する場合は、日本のエージェントがまず第1の候補となりますが、海外のエージェントにも登録は可能です。
ただ、海外のエージェントはその実態を確認することが難しい、といった難点がありますし、時差や距離の関係上、連絡がメール主体になりエージェントの担当者とドナーさんとの意思の疎通において、不都合が発生することもあるようです。
米国カリフォルニア州に留学している日本人女性は、現地でエッグドナーという制度を知り、米国のエージェントに登録するということもあるようです。

謝礼金は減額されることもある

採取した卵子の数や受精卵の数が少ない場合に謝礼金が減額になるといったエージェントもありますし、そういった場合でも、当初提示された謝礼金が全額支払われるエージェントもあります。
海外への渡航、排卵誘発、採卵という一連のドナーさんの協力に対して、ドナーさん自身に非があるわけではないのに、結果として謝礼金が減額されるということも勘案して、エッグドナーの登録を検討される方は、慎重にエージェントを選ぶことも必要です。

ドナーさんへの感謝
ドナーさんへの感謝

エッグドナーへの謝礼金はご夫婦の感謝の気持ちでもある

卵子の提供を受けるレシピエントご夫婦は、エッグドナーとなってくださる女性達への感謝の気持ちは十分すぎる程、持っていらっしゃいます。
エッグドナーへの謝礼金というのは、赤ちゃんが欲しいのに、もはや自分達の卵子ではそれを成し遂げることができないご夫婦の、ドナーさんへの最大限の感謝の気持でもあるのです。

エッグドナー募集

Act One・アクトワンではご協力下さるドナーさんをとても大切にしています。
エッグドナーさんに、Act One・アクトワンを選んでよかった!
と言っていただけるように、アクトワンではドナーとして海外に渡航し、協力していただいている間、きめ細かなサポートを心がけ、ストレスのない環境作りをしています。

Act One・アクトワンにドナー登録して行う、海外での採卵の協力はドナーさん自身にとっても、きっとポジティブな経験となることでしょう。
ぜひ、Act One・アクトワンでドナー登録を!
皆様のご登録をお待ちしています。