日本でもエッグドナーが卵子を提供することはできるの?

日本でもエッグドナーからの卵の提供を受けて妊娠・出産することは可能です。
ただ、そこには上限年齢を含めた大変厳しい制限が課されています。

日本で行う場合、まずは不妊治療を専門とするクリニックによって結成された
JISART(日本生殖補助医療標準化機関)のガイドラインに沿って、審査が行われます。

ここで、卵子提供を受けなければ妊娠ができない、それが唯一の方法であると該当すれば、
国内の「卵子提供実施施設」において治療を受けられます。

この時OD-NET(卵子提供登録支援団体)にレシピエント登録を行って卵子提供を受けることになりますが、
提供を受けるまでには何度もカウンセリングを受ける必要があること、
カウンセリング開始から治療開始までに約1年程を要すること、
産まれたお子さんに「出自を知る権利」を認めなくてはならないこと等、
受ける側にとっても負担の大きなものとなっています。

さらに、エッグドナーになっても謝礼の受取が禁止されていることや産まれたお子さんが
「出自を知りたい」と希望した場合には
将来的にご自分の情報を開示することを了承しなくてはなりません。

その為、国内でドナー登録を国内卵子提供プログラムの為に行う女性は極めて少ないといえます。
ですから、エッグドナーになりたい人が国内でドナー登録するのは、現在ではとても難しいことといえます。

卵子提供を受けたいご夫婦の多くは、JISART(日本生殖補助医療標準化機関)のガイドラインに漏れてしまい、
海外で卵子提供を受けなければならなくなります。

ですから、昨今は日本人が海外で卵子提供を受ける件数が増加するにつれ、
ドナーに日本人を希望される件数も増え、多くの仲介業者が日本人のドナーを探しています。

この場合、エッグドナー自身も海外に渡って卵子を提供し、卵子提供を受ける夫妻も海外に渡るようになります。
さらに、日本では法律的にも整備が整っておらず、卵子提供を受けて妊娠することを日本産婦人科学会も薦めていません。

その為、日本国内で徐々に整備がされて、実際に行われるようになるまでは、かなりの時間を要するかと思われます。

よって、「今」どうしてもお子さんを授かりたい、というご夫婦の希望は海外での卵子提供プログラムに見出すしかありません。

ActOneアクトワンは東京にオフィスを持つ日本法人であり、海外で治療をするとはいえ、
安心してエッグドナーになることができるシステムや流れを確率しているので不安なことはありません。

登録するバンクはよく選ぶ必要はありますが、安心してまかせられる仲介業者を通して、エッグドナーとしての活動ができることが重要です。
Act Oneアクトワンでは現地に滞在するドナーさんの為に現地在住のホスピタリティ溢れる日本人女性が細やかにサポートします。
通院の送迎、通訳、また滞在中の「困った!」「これ、どうしたらいいの?」
等のご相談にもしっかりご対応致します。
エッグドナーからも提供を望むご夫妻からも高い支持を得ているActOneアクトワンであれば、
安心してエッグドナーの活動ができます。