卵子バンクに登録しているエッグドナーは何をするの?

卵子バンクに登録したとして、エッグドナーは具体的に何をするのか想像が付かない人も多いでしょう。

卵子バンクにエッグドナーとして登録した後は、基本的に卵子を提供されたい不妊夫妻に選ばれるのを待つことになります。

不妊治療をしている夫妻には様々な人がいます。例えば人種。アジア系なのか、黒色人種系なのか、白色人種系なのか、世界には様々な人種がいます。

近年日本に住む日本人ではない人種の人も増えていますから、日本国内に限定した卵子バンクであっても、白色人種の卵子を望む夫妻もいるでしょう。

ですから、このような不妊治療をしている夫妻の希望でピックアップされ、希望の卵子を提供できるドナーが選ばれることになります。

選ばれるまではひたすらエッグドナーは待たなければなりません。
それがたった1日や数日の人もいれば、タイミングによっては1年ほど何も連絡がない人もいます。

仮に、エッグドナーとして選ばれ、卵子を提供して欲しい夫妻が表れた場合、その後は契約書を正式にかわし、問題が起きないように手続きをします。
基本的には匿名が保たれているので、個人情報について相手が知ることはありません。

その後は、海外へ渡り、IIVF専門医による医療審査・検査を受け、問題なければピルなどを服用して卵子を育て、それを採取することになります。

診察の時は基本的に日本人女性が付き添い、診察以外の日は自由時間を楽しむことができます。
通訳や送迎付きが多く、日常生活に困ることはまずないよう、手厚いケアが受けられます。

基本的には卵子の数などには関係なく、採取に費やした時間や労力に対して、対価が支払われ、その他に支払いを建て替えたようなものがあれば、それも全額戻ってくるシステムになっているところが多いです。

卵子バンクを選ぶ際は、このあたりの流れが明確であり、かつ明朗会計できちんと報酬が支払われることが約束された安心できるところを選びましょう。

ActOneではエッグドナーにも卵子を望む夫妻に対しても、丁寧な説明を心がけており、報酬面や経費についても明朗でそれぞれが納得のいくよう橋渡しをします。
ですから双方より安心して選んでいただけます。

これが一連のエッグドナーがしなければならないことの流れですが、選ばれるまでは特に日常的に何かをしなければならないというわけではないので、難しいことはありません。

卵子バンクに登録しただけで、まだ選ばれていない段階では、特にしなければならないことなどはありません。

日常生活を送っていればいいのですが、もし選ばれた時には、比較的長期間外国に滞在することになる点は、仕事をしている人、家族がいる人は把握しておきましょう。