マレーシアにおけるエッグドナーの滞在期間は?

マレーシアでのエッグドナーの滞在期間は、各仲介業者やエッグバンクによっても異なりますが、およそ2週間というところが多いようです。場合によってはそれより短い場合もあります。

マレーシアへは飛行機でおよそ7時間ほどであり、さらに日本との時差が1時間ほどしかないので、時差ぼけの心配もほとんどありません。
そのことから、若干他の国や地域よりも、全体的にかかる拘束時間は短めであることが多いのです。

マレーシアで実際にエッグドナーとなった日本人は、まだまだ少ないのが現状ですが、いくつかの口コミや評判では、滞在中はあっという間で、楽しめたという意見が多いです。

マレーシアの中でも、首都のクアラルンプールには、様々なエンターテインメント施設も充実していて、滞在中に飽きることはほとんどありません。

2週間の間、ショッピングや映画など、様々な施設を利用し、時間を有意義に使用できます。さらに、日本の文化にも触れることができ、多くの映画DVDが輸入されています。

たまには異国ではなく自国の映画などを堪能したい時も、日本の映画を見たり、日本のDVDを見たり、お菓子なども輸入されているので、手に入れることができます。

さらにマレーシアの良い点は物価が安く、食べ物がおいしい点です。
マレーシアは退職後の日本人が、年金でも優雅に暮らせる国として、退職後の移住国として人気の国です。

そんなマレーシアは、日本人が移住しても苦労しない食文化があり、それも安価で食べられます。
マレーシアに住むマレー人のマレー料理を始め、チャイニーズの中華料理、インド人のインド料理、マレーシアのすぐ上にあるタイから来た、本格的なタイ人によるタイ料理なども満喫できます。

さらに、クアラルンプールからは離れますが、シンガポールとは橋でつながっていて、バスで渡ることもできるので、滞在期間中の自由時間が許せば、シンガポール観光も楽しめます。

マレーシアは半島なので、もちろん美しい海にも囲まれ、ビーチバカンスを楽しむこともできます。さらに、熱帯雨林もあるので、自然を感じるアクティビティも豊富です。

このように豊富な観光資源とエンターテインメントがありながら、物価が安価で滞在中には思っていたよりも優雅に自由時間を楽しめるのがマレーシアでエッグドナーになることのメリットです。

ですから、平均的な滞在期間である2週間前後の期間も、時間を持てあますことなく、空いた時間を有効に活用して、エッグドナーは現地での滞在期間を楽しめます。

ActOneはエッグドナーからなるべくストレスなく良質な卵子を採卵できるよう、ストレスレスなケアを行い、最大限のサポートを行っています。