マレーシアでエッグドナーを募集中です

マレーシアでもエッグドナーが広く募集されています。

マレーシアは東南アジアに位置し、一年を通して暖かい地域です。赤道に近いので日本と比べると暑いと感じるかと思いますが、気温は高くても蒸し暑くはないので日陰に行くと涼しくだるいような暑さに悩まされることはありません。

クアラルンプールの目覚ましい発展で、日本人観光客も年々増えているマレーシアは、エッグドナーがストレスなく滞在できる環境が整っているので、エッグドナーにも人気の地域です。

マレーシアでの卵子提供プログラムは、近年需要が急成長している地域です。
その理由は、やはり安価である点ですね。

これまでアメリカで主に行われてきた日本人の卵子提供プログラムですが、マレーシアで行うことで、物価が安い為に、滞在中の費用などが抑えられ、卵子提供を受けたい不妊治療をしている夫妻の負担額が小さくなります。

現在では、一部のお金持ちだけでなく、一般的な家庭でも、不妊治療として卵子提供を受けることが増えてきました。

その中で、比較的安価で、手ごろに卵子提供を受けられるマレーシアの需要が増えてきているのです。その上、マレーシアには中国人も多く住んでいて、マレーシア人も東南アジア系の顔は日本人と大きくかけ離れているわけではないので、なじみやすく、ドナーに日本人でなくマレーシアの人を選んでも違和感が少ないことも人気の理由となっています。

そんなマレーシアでエッグドナーとなる最大のメリットは、物価が安く自費の部分が軽くてすむ点ですね。
滞在中のホテルや食事、医療機関での診察費用などは全て支払ってもらえますが、マレーシア内で少し観光をしたい場合や、ちょっと遊びに行きたい時、買い物をする際は自分のお金です。

アメリカやハワイなどでは、やはり物価が高いので、何かお土産を買うのにも、負担が大きいです。
しかし、マレーシアは物価が安く、屋台で食べ歩いても300円もあれば十分という地域もあります。

特にマレーシアはチャイニーズの作る中華料理や、インド人の作るインディアン料理、マレーシア人の作るマレー料理など、多種多様な民族料理が食べられるので、食べ物も魅力的です。

これらに加え、マレーシアへは飛行機で数時間ですから、アメリカ本土への卵子提供と比べても比較的少ない飛行時間で済むので、移動時間の負担も少ないです。

これらのメリットに魅力を感じる人は、マレーシアで募集されているエッグドナープログラムに登録も良いですね。

ActOneではサポート体制が万全なので、慣れない東南アジアでもエッグドナーも卵子を希望する夫妻も、安心してプログラムを受けられます。