ハワイにおけるエッグドナーの滞在期間は?

ハワイにおけるエッグドナーの滞在期間は、各社の方針などによって若干のばらつきはあるものの、およそ2週間前後が多くみられます。

中には3週間と長めの場合もあるようですが、2週間程度というところが多いようですね。
ActOneではなるべくストレスを感じないよう1週間程度を予定しています。

エッグドナーになった人は、スケジュール決めの際に、1~2週間前後の時間を空けておく必要があります。

もし会社に勤めていて副業として考えている場合は、ドナー登録をする際、会社に2週間程度の長期の休暇をいただく場合があることを伝えておきましょう。

また、家族持ちの場合も同様、2週間前後の滞在期間の間、子どもの面倒を見てもらう人を決めておいたり、夫の協力を仰ぐ必要があります。

ハワイにおける2週間前後の滞在期間の間、毎日検査などをしているわけではありません。

もちろん、その間ずっと入院しているわけでもありませんから、病院での診察などを終えたら、後は自由時間となります。

ハワイはホテル付近にビーチがあることも多く、徒歩で遊びに行けるような場所が多くあるので、エッグドナーは滞在中もしっかりバカンスを楽しめます。

ハワイに1~2週間もいるのは「暇になるのでは?」「飽きちゃうのでは?」と思われる方もいますが、口コミなどではあっというまという人が多く見られます。

日本語が通じることが多く、滞在中も生活に困ることがほとんどないので、日常生活を比較的リラックスして楽しめます。

さらに、ハワイの魅力的なショッピング施設で、安価に免税商品を買うこともできるので、飽きることはほとんどないのです。

ショッピングだけでなく、食べ物のおいしさもハワイの良いところですね。ハワイには日系人も多く住み、日本人が多く観光で訪れるので、日本人の舌に合った味付けの料理店も多く存在します。

現地の食事になれることがなかなか難しい国が多い中で、ハワイという地域に関しては、日本人が食事面でも満足できやすいので、エッグドナーも滞在をストレスなく楽しめます。

さらに、ハワイには大自然もあり、ショッピングや街中に飽きたら、大自然を感じるツアーなどに、時間が合えば滞在期間の間に参加することもできます。

この2週間の間ですが、基本的には個人的な要望だけでは帰国することはできません。
体調が著しく悪く、採卵できる状態ではないなどの状況は例外ですが、自分の都合では基本的には帰国できないのです。

もし、家族に急な不幸がある可能性がある場合や、誰かが病気にかかっている場合などは、2週間前後ハワイに行っており、急なことで呼び出されても帰ることができないと、家族に伝えておきましょう。