ハワイでのエッグドナー募集しています

ハワイでのエッグドナー募集も盛んに行われています。

ハワイは日本人が滞在するのに、最も安心でき、日本語も多くの場合通じるので、生活面で困ることもほとんどありません。

その為、多くのエッグドナーが、生活面で不安を抱えることなく、長期間の滞在でも安心して卵子提供のプログラムを受けることができるので、人気です。

ハワイに滞在する期間は、およそ1~2週間とされ、その間に採卵し、現地で検診を受けて帰国するような流れになります。
2週間の間は毎日検診があるわけではなく、また採卵などが終わってから本人が回復次第、自由時間となるので、ショッピングなどを楽しむこともできるのです。

ハワイに留学している日本人や、ハワイで生まれ育った日系人のエッグドナーも多くいて、様々な希望に沿った卵子が見つかるということで、エッグドナー希望者から見ても、ハワイは魅力的だと言われています。

また、ハワイでエッグドナーになると他の地域と比べても最も大きなメリットだとされているのが、長い滞在期間の間で飽きることがない点です。

通常よりも大量の卵子を育て、自己注射をし、下腹部の張りを感じたりするなど、日ごろとは違う違和感を感じながらのエッグドナーは、確かに大変な仕事です。

やりがいのある役割ではあるものの、自分で決められた時間に薬を飲んだり注射をしたり、採血をされたりするのは、自分で想像する以上にストレスになり、精神的に負荷をかけています。

この時に、ストレスを抱えすぎると、採卵後の子宮や卵巣の回復が遅く、不調が続くような原因にもなります。

しかし、ハワイではこの長い滞在期間を利用して、魅力的な様々なアクティビティを楽しめます。ショッピング好きな方は、免税店で好きなブランドの物を購入することもできますし、ハワイの民族店なども楽しめるお土産グッズがたくさん販売されています。

さらに、日本人がたくさん訪れ、日系人もたくさん移住しているハワイの食べ物は、美味しいものがたくさんあるので、飽きずに毎日の食事を楽しめます。

その上、ハワイはオアフ島・ハワイ島・マウイ島・カウアイ島などの島があるので、オアフ島のワイキキビーチに飽きたら、その他の島に観光に行ったり、ビーチに行ったりしても楽しめます。

観光スポットが多く、美しい海と自然に囲まれたハワイだからこそ、エッグドナーが滞在中にゆっくりとリラックスでき、良質な卵子の採取に至ることができて、その後のドナーの体調回復も好調になるのですね。

ActOneではなるべくストレスレスな滞在を提供しているので優良な卵子が採取でき、エッグドナーにとってもストレスレスな生活が可能です。