エッグドナーの謝礼金の金額は?

卵子提供プログラムには、エッグドナーという存在が欠かせません。エッグドナーとは、自身の卵子では妊娠することが叶わないご夫婦に対して健康で優良な卵子を提供してくれる女性のことです。

エッグドナーは卵子提供エージェントやエッグバンクと呼ばれる組織に登録し、卵子の提供を望むご夫婦が現れればそのご夫婦が参加される卵子提供プログラムの実施国へ事前に赴き、採卵を行います。

普段から正常な排卵がある方にとっては、卵子ドナーとしての活動はそれほど難しいものではないと思われるかもしれません。

しかし、良質な卵子を採取するために常に体調を整えておき、いざ卵子提供の希望者が現れたときにはスケジュールを調整して卵子提供プログラムの実施国に渡航し、現地で排卵誘発剤を服用しつつ採卵するのはそれなりの負担となりますし、採卵誘発剤の服用や卵子の摘出には多少のリスクも存在します。

そのため、エッグドナーには採卵後、謝礼金が支払われます。

この謝礼金は、決して卵子一つ一つに対する代金というわけではなく、あくまでもエッグドナーの時間と労力、そしてリスクを負って卵子提供に協力してくれたことに対する謝礼です。

そのため、採卵できた卵子の数が少なかったり、逆に多かったりしても、卵子の質が悪くても謝礼金の額が増減することはありません。

謝礼金の額は、エッグドナーの登録しているエージェントやエッグバンクによって異なりますが、だいたい1度の卵子提供で50万円から80万円が相場となっています。

決して安い金額ではありません。そのため、アジアなどの貧困女性の中には、謝礼金目当てで卵子提供を行う女性もいると言われています。

また、日本では無報酬で、完全ボランティアでの卵子提供を行っている組織もあります。

しかし、エッグドナーとなることの魅力は決してその謝礼金の金額ではありません。
卵子提供という形で不妊治療に協力することによって、長年の不妊治療でも子どもを授かることのできなかったご夫婦にチャンスを与えることができるというやりがい、そして見事不妊治療に成功したときのよろこびはお金に換えることはできないものです。

卵子提供には確かにエッグドナーさんに対する負担やリスクが伴います。
しかし、患者さんの喜びを知ればきっとやってよかったという充実感を得られることでしょう。

ActOneでは、患者さんと共にエッグドナーさんに対しても心身ともに万全のサポートをいたします。
ぜひ、エッグドナーとして卵子提供プログラムにご参加ください。