エッグドナーの年齢制限

卵子提供による体外受精は、排卵異常や卵子の老化などによって自分自身の卵子では妊娠することが叶わないご夫婦が、健康で良質な第三者の卵子を使って体外受精する不妊治療方法です。

そのため、卵子提供で使用される卵子の質は非常に高いものが求められます。
卵子の質はさまざまな原因によって低下します。

その最大の原因が「老化」です。女性の卵子は、男性の精子と違って日々新たに作られるものではなく、胎児の時点ですでに卵巣内に約700万個の原始卵胞が作られています。

これが出生時点では100万~200万個にまで減少し、その後も徐々に減り続け思春期・月経開始時期には20万~30万個にまで減ってしまいます。

月経開始からは一度の月経につき約1,000個が減少し、閉経を持って0になるのです。
そのため、年齢を重ねるにつれて卵子の数が減り、妊娠しにくくなるのです。

長い間体内にある卵子は、当然肉体と同じようにダメージが蓄積されていきます。
これが卵子の老化です。卵子が老化すると、胎児の染色体に異常を起こしやすくなったり、卵子のエネルギー不足からうまく細胞分裂が行えなくなったりします。

そのため妊娠の可能性も低下し、うまく妊娠できたとしても妊娠を継続することができずに流産してしまう確率が高くなるのです。

卵子の質は本人の年齢と比例します。
見た目はお化粧やスキンケアで若々しく保つことができたとしても、卵子の老化を止めることはできません。

そのため、見た目のイメージと卵子の質には関係はありません。一般的に、卵子年齢は実年齢+1歳などといわれています。

そのため、良質な卵子の提供が求められるエッグドナーには厳しい年齢制限が設けられています。
ActOneでは、エッグドナーの年齢は20歳~30歳までとしています。

もちろん、卵子の質を低下させる要因は老化だけではありません。
31歳であっても、肉体が健康で良質な卵子が採卵できそうであればエッグドナーとして登録していただく場合もあります。

エッグドナーは年齢だけでなく、健康面や喫煙、飲酒などの習慣の有無、薬の服用暦などから総合的に判断して登録の可否が判断されます。

普段から正常な排卵がある方にとっては、卵子というものの存在を意識することすらこれまで無かったかもしれません。

しかし、その健康な卵子を望んでいるご夫婦がいるのです。
そんなご夫婦のために、ぜひあなたの卵子を提供してください。

ActOneでは、エッグドナーとして卵子提供プログラムにご協力してくださった方が安心してプログラムに参加し、やりがいと、そして治療を受けたご夫婦からの大きな感謝を受けて喜びを感じていただけるよう、最大限のサポートをいたします。