エッグドナーの報酬は?

世の中には、当たり前に排卵し、当たり前に妊娠、出産することが出来る女性がいる一方で、高齢や早期閉経、ターナー症候群など正常な排卵が行われずに不妊に悩んでいる女性も数多くいらっしゃいます。

そのような女性が妊娠するための唯一といってもいい方法が卵子提供による体外受精です。

卵子提供は、第三者から提供された健康な卵子と男性の精子とを体外受精させる不妊治療法です。

ここで使われる卵子は、エッグドナーと呼ばれる一般の女性から提供されています。
日本でエッグドナーというとまだあまり馴染みがなく、周囲に「ドナー登録しているよ!」という女性もそうそうはいないでしょう。

しかしアメリカやマレーシアなど、卵子提供による体外受精が一般的な不妊治療として行われている国ではエッグドナーもそれほど珍しい存在ではありません。

エッグドナーになるには、まずドナーバンクや卵子提供プログラムのエージェントへドナー登録をします。
なお、卵子提供では健康で良質な卵子が求められるため、エッグドナーにも厳しい条件があります。

まだ、卵子提供を受ける患者さんはエッグドナーの容姿や年齢、国籍や健康状態などからどのドナーからの卵子提供を受けるか決めるため、かなり詳細なプロフィールを登録する必要があります。

治療を受けるカップルからエッグドナーに選定されると、実際に卵子提供プログラムを実施する国外の都市へ行ってそこで採卵します。
当然、渡航費用や宿泊費用は登録している卵子バンクやエージェントから支払われます。

また、空き時間は自由に行動することができるため、旅行感覚で過ごすこともできます。ただし、採卵には排卵誘発剤を服用するなど多少のリスクを伴います。

エッグドナーに選ばれ、実際に採卵が済むと報酬を受け取ることができます。
報酬の額は卵子バンクやエージェントによってさまざまですが、50万円~80万円が相場となっています。

この報酬は、決して卵子そのものの代価を支払うわけではなく、エッグドナーの渡航や現地での採卵治療といった労力に対する謝礼として支払われるものです。

たとえ卵子の数が少なかったり、質が劣っていたりしたとしても報酬の額が減額されるわけではありません。

ActOneでも卵子提供プログラムにご協力いただけるエッグドナーさんを募集しております。
長い不妊治療の果てに、卵子提供によってついにわが子を授かることのできたご夫婦の喜びは計り知れないほど大きなものです。

そしてそのご夫婦に卵子を提供したエッグドナーさんに対するご夫婦の感謝の気持ちも非常に大きなものとなります。
エッグドナーさんはご夫婦と共に喜びと充実を感じることが出来るでしょう。