エッグドナーの卵子採取の際の出血の安全性は?

エッグドナーの卵子採取の際に出血した場合の安全性として、少量の出血はある可能性がありますが、特に子宮や膣を大きく傷つけるものではありませんから、心配無用です。

大量に出血しているなど、明らかに状態がおかしい場合や、どうしても出血が気になる場合は、医師に相談しましょう。

エッグドナーの卵巣内で育った卵子は、排卵される直前に卵巣から取りだす必要があります。方法としては、膣のほうからスポイトのようになった針を入れて、卵巣に穴をあけて、卵巣内の卵子を全て回収する方法が行われます。

ですから、膣や子宮、卵巣をまったく傷つけずに行うわけではないのです。
この時傷ついた子宮や膣、卵巣などから、ごく微量に出血し、しばらく続く場合があります。

しかし、傷ついても小さな穴ですから、ずっと大量の出血が続くことはありません。出血がまったくない人もいるくらいの小さな穴です。

卵子の大きさ自体がかなり小さいですから、目立つほど大きな傷をつけて採卵するわけではありません。
エッグドナーの子宮の回復を早めるためにも、必要以上の傷がつけられることはまずありません。

信頼できるきちんとした卵子バンクであれば、この採卵技術の高い医師がいるはずですから、痛みなども特に感じないことが多いです。

採卵後は、1時間ほど病院内で安静にし、回復次第自由時間となります。
それでもまだ出血が続き、それが鮮血である場合や、大量である場合にはすぐに医師に相談しましょう。

出血だけでなく、子宮などが傷ついている為に、咳をしたり笑ったりすると下腹部が痛むのが少し続く場合などもあります。

が、これが今後の妊娠・出産にかかわるほど長引くことはありませんし、通常であれば翌月には通常通りの健康な子宮に戻り、排卵も普通になされて、生理も通常通りにやってきます。

ただし、医師が人間である以上、絶対に子宮を大きく傷つけていないとは言い切れません。
出血が長引いた場合には、その後の安全性などを考えても、なるべく早く医師に相談し、内診で中を確認してもらうようにしましょう。

また、子宮を大きく傷つけられるような心配がない、安全性が高い病院で採卵を受けることも重要です。
仲介業者を利用してエッグドナーとなる場合は、安全性や信頼性の高いActOneにお任せください。病院の医師もベテランで評判も良く不安はありません。

ActOneは万が一の際にもきちんと対応いたしますし、エッグドナーも卵子希望の夫妻にも高い支持を得る卵子バンクです。