エッグドナーの個人情報は守秘義務によって守られます

卵子提供による体外受精は、非常にデリケートな治療です。

タイミング法や排卵誘発剤の服用、人工授精といった一般的な不妊治療でさえ、行っていることを周囲に知られたくないという患者さんはたくさんいます。

卵子提供は、日本国内ではまだまだ理解が薄く、需要に対して法律の整備も追いついていません。
また、卵子提供者との親子関係といったような倫理的な問題もはらんでいます。

そのため、卵子提供による体外受精を受ける患者さんご夫婦と、卵子提供者となるエッグドナーさんの個人情報の扱いには特に厳重な注意が必要となります。

もし、卵子提供による体外受精を行ったことが周囲に知られ、治療によって産まれたお子様にその事実が伝わってしまったらどうなるでしょう。

国内での治療の実例が少なく、法律も整備されていない現時点では、謂れない誹謗中傷を受ける恐れもあります。
実際、卵子提供によってお子様を授かった著名人もいるものの、祝福の声もありますが否定的な声も少なくありません。

エッグドナーに対しても、ビジネス目的でドナー登録していると疑われたり、好機の目で見られたりすることもあるかもしれません。

また、治療を受けたご夫婦とエッグドナーの連絡先が、お互いに知られたらどうなるでしょうか。
親子関係や責任の所在について、今後何らかの揉め事に発展する可能性もゼロではありません。

卵子提供が一般に認知されていない日本では、卵子提供の事実を知られることでこのようにさまざまな問題が発生する可能性があるのです。

こういったさまざまな問題を防ぐために、卵子提供を取り扱うエージェントには厳しい守秘義務が課せられます。
これによって、卵子提供を受ける患者さん、そしてエッグドナー双方の個人情報はしっかりと管理されているのです。

ActOneでも、守秘義務に則って両者の個人情報は強固なセキュリティのもとで厳重に管理されています。

情報が漏洩することによるリスクを恐れ、治療や卵子提供に消極的になってしまっている方々には、ぜひ安心してActOneの提供する卵子提供プログラムにご参加いただきたいと思います。

もし個人情報の取り扱いに対する不安や疑問、ご希望などがあればお気軽にご相談ください。患者さん、エッグドナーさん双方が安心して卵子提供プログラムにご参加いただけるよう、ActOneはしっかりとサポートいたします。

相談は無料で行っています。
治療や卵子の提供に少しでもご興味があるかたは、ぜひ一度お話だけでも聞きにいらしてください。