エッグドナーとなることのデメリット

エッグドナーは、卵子提供プログラムの成功を左右する大変重要な存在であると共に、健康な卵子を排卵することができずに不妊に悩むご夫婦に、出産の喜びを与えることの出来る非常にやりがいのある役割です。

しかし、エッグドナーになろうとお考えの方には、エッグドナーのデメリットについても十分に理解していただきたいと思います。

一つ目のデメリットは、海外で短期間拘束されることです。
現在、日本国内では卵子提供による体外受精の治療を行っている病院はごくわずかです。

そのため、卵子提供が日常的に行われている海外での治療プログラムに参加するのが一般的です。
エッグドナーからの採卵も、患者さんご夫婦が治療を受けるのと同じクリニックで行うことになるため、必然的に海外へ渡航することになります。

採卵には採卵前の準備も含めて約2週間かかります。
その間、定期的にクリニックで診察を受ける必要があります。

診察と、採卵のための排卵誘発剤の投与以外は卵子に影響のないものであれば基本的に自由行動となりますが、海外での生活に慣れていない方にとっては少し苦痛となるかもしれません。

二つ目のデメリットは、採卵のための薬の投与です。採卵のためには、人工的に排卵を起こすために排卵誘発剤を投与します。

排卵誘発剤の投与は、渡航してから採卵するまで毎日続ける必要があります。
場合によっては、腹水がたまったり卵巣が腫れあがったりするなどの症状が出る場合もあります。

また、エッグドナーとして正式に決定した後は、生理日を調整するために低用量ピルも服用する必要があります。

三つ目のデメリットは、非常にプライベートな情報を登録する必要があることです。
エッグドナーにどのような人を選ぶかは、将来産まれてくる子どもの遺伝情報に大きく関係します。

そのため、エッグドナーの情報は、顔立ちや身長、体重、視力や聴力といった外見的な特徴だけでなく、性格や得意科目、家族構成といったプライベートな情報までを卵子提供を望むご夫婦に公開する必要があるのです。

エッグドナーになるにはこのようなデメリットがありますが、それでもエッグドナーとして不妊に悩むご夫婦に協力したい、と考えていただける方には、ぜひActOneへエッグドナー登録していただきたいと思います。

ActOneでは、エッグドナーさんが不安やストレスを感じることなく採卵に臨んでいただけるよう、日本での準備期間から海外での採卵まで一貫してエッグドナーさんをしっかりとサポートいたします。