未成年でもエッグドナーになれる?

                                                                                                  

未成年のエッグドナー希望者様へ

晩婚化、少子化などという言葉をいろいろなところで耳にするようになりました。

最近の日本では結婚しない男女が増えており、結婚しても子供を作らないという考えを持っているご夫婦もいるそうです。

もちろん、結婚しているご夫婦の多くは、やはり子供がほしいと望んでいるのも事実ですが、晩婚化が影響してほしいと思った時に妊娠できず、不妊治療を続けているご夫婦も多いようです。

不妊に悩むご夫婦の一筋の光となっているのが、卵子提供です。

その名の通り第三者の卵子を提供し、ご主人の精子と体外受精させて奥様の子宮に移植する方法のことですが、病気や加齢が原因で妊娠が難しい女性がこの卵子提供を検討するケースがふえているそうです。

健康で若い女性の卵子はとても優良で、子宮内にも着床しやすいため妊娠できる可能性が高いという特徴があります。

自分の卵子を提供することで、半ばあきらめていた赤ちゃんを抱くことができるご夫婦がいるとしたら、それは卵子を提供したエッグドナーにとっても大きな喜びとなります。

実際、卵子提供を経験なさったエッグドナーの方には『参加してよかった』と満足している方もたくさんいらっしゃいます。

『人の役に立ちたい』そう考えるボランティア精神にあふれた女性の中には、このエッグドナーになりたいと考える方もいらっしゃると聞きます。

とてもすばらしい考え方ですよね。
ただ、せっかくボランティア精神を持って人のために…という気持ちを持たれていたとしても、未成年の方がエッグドナーになることはできません。

ActOneでは、エッグドナーになるための条件として、20歳から30歳くらいまでの女性とさせていただいております。

この年代の女性の卵子がいちばん妊娠に適しているということもありますが、20歳を過ぎて体調面が落ち着いてくる年代だからという理由もあります。

未成年の身体はまだまだ未発達です。
生理が始まってからまだ数年しかたっておらず生理不順という方もいることでしょう。

また、できるだけいい卵子を提供いただくために、エッグドナーの方には排卵誘発剤の投与が必要になります。
排卵誘発剤はまれに卵巣過剰刺激症候群などの副作用を引き起こすこともあります。

これらのことを考えると、未成年の方がエッグドナーになるにはまだまだリスクが高いことが分かると思います。

まずは自分の身体をきちんと管理し、健康に成長することを第一に考えましょう。

そして、そのすばらしいボランティア精神はそのままに、成人したらぜひエッグドナー希望者として声をかけていただけたら嬉しく思います。