エッグドナーを希望する場合の手続きは?

                                                                                                  

エッグドナー登録の手続きとは

子供をほしいと思いながらなかなか妊娠できない不妊の夫婦は6組に1組はいると言われています。

6組に1組というとかなりの確率で、いつ、誰の身にふりかかってもおかしくないとも考えられます。

特に女性はやはり結婚して赤ちゃんを産みたいという夢を持つ方が多いと思います。
もしも、自分が不妊だったらすぐに赤ちゃんを諦めることができますか?

世界では今、妊娠に関する医療がどんどん進化しています。

昔だったら諦めていた妊娠もかなえることができる治療も増えてきています。
そのひとつが卵子提供です。

卵子提供には、健康で優良な卵子を提供するエッグドナーが必要です。
同じ女性であれば、赤ちゃんを産めない辛さや苦しさを想像することができると思います。

そんな不妊に悩む方をエッグドナーとして救うことができれば、これほど有意義なことはありませんよね。

ActOneでは、まだまだ日本国内では行うことが難しい卵子提供プログラムを提供しています。
実施するのは海外です。

エッグドナーの方にも海外に渡って採卵に臨んでいただくことになります。
海外のクリニックで採卵と聞くと、不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

当社ではそんなエッグドナーの方の不安を取り除き、安心してプログラムに参加いただけるよう、万全のサポート体制をしいております。

エッグドナーになるにあたっての手続きは次の通りです。
まずは当社まで連絡をいただき、東京のオフィスにて面談する日を決めます。

面談では卵子提供プログラムのことについて、また、エッグドナーとしての心構えなどについての説明をし、希望者の方からの質問にお答えします。
その後、健康状態を中心とした様々な条件について確認させていただきます。

特に問題がなければ登録していただき、プロフィールや写真などを提出していただきます。
プロフィールは、卵子提供を望むご夫婦の大切なデータとなるため、その内容は多岐にわたります。

手続きが済みましたらご夫婦から選ばれるまでお待ちいただきます。
登録していただいても選ばれない場合もあります。

エッグドナーとして選ばれたら、次の手続きとして国内で必要な検査項目を受診していただきます。
ブライダルチェックのような内容とお考えください。

この検査結果から海外のクリニックにて適性があると判断されたら渡航スケジュールを決めます。

エッグドナーを希望する方には、上記のような手続きを踏んでいただき実際に採卵手術に臨むことになります。

様々な手続きや検査など、初めての経験で、しかも海外のクリニックにかかるということで不安もあるかと思いますが、当社のスタッフになんでもご相談いただきたいと思います。