エッグドナーのニーズについて

                                                                                                  

日本のエッグドナーの重要性

まだ正式には認可がおりておらず、日本国内で受けることは難しい卵子提供ですが、そんな現状とは反対に卵子提供を望む不妊のご夫婦は増えているようです。

不妊治療は終わりの見えない辛い治療です。
しかも、治療に時間がかかればかかるほど女性の身体にも変化が現れていきます。

子宮や卵子は老化すると言われています。
年齢を重ねるごとに子宮や卵子も老化が進んでしまい、着床しにくくなるなど、妊娠がどんどん難しくなっていってしまうのです。

辛い不妊治療を長年続けてきたご夫婦にとって卵子提供はまさに夢のような不妊治療と言えます。

たとえ自分の血を受け継いでいなくても、自分のお腹の中で赤ちゃんを育て、産み、家族として一緒に生きていきたいと考える女性はたくさんいると聞きます。
希望者が増える卵子提供ですが、エッグドナーのニーズはあるのでしょうか?どのようなエッグドナーのニーズが高いのでしょうか?

日本国内で受けることができない卵子提供は、海外へ渡航して手術を受けることがほとんどです。

日本人のご夫婦が卵子提供を受ける場合も海外で手術を受けるのですが、この時に選択するエッグドナーはやはり日本人であることがほとんどです。

日本人のご夫婦のもとに生まれる赤ちゃんなので、やはり日本人であるほうが普通です。
最近は日本人のご夫婦が卵子提供を受けることも多いので、日本人ドナーのニーズは高くなっています。

では、どのようなエッグドナーがニーズが高いのでしょうか。
これは一概にどんな人とは決めにくいものですが、やはり健康であることを第一に考えるご夫婦が多いようです。

ActOneにも登録なさっているエッグドナーの方はたくさんいます。

卵子提供を受けるご夫婦はエッグドナーの方の写真や経歴、健康状態、病歴、学歴、趣味、家族構成、親族の健康状態など、様々な情報を参考にしてエッグドナーの選択をします。

エージェントによっては学歴を重視なさるご夫婦のために、エッグドナーの方の学生時代の成績やIQテストの結果などを閲覧できるようにしているところもあります。

身長や体重、一重まぶたか二重まぶたかなどの『見た目』にこだわるご夫婦や学歴にこだわるご夫婦もいらっしゃいます。

でもやはりいちばんニーズが高いのは健康で、大きな病歴の無いエッグドナーのようです。

このあたりは、普通に妊娠して出産を控えた女性が『健康に生まれて元気に育ってくれさえくれればそれでいい』という願いを持つのと似ているように思います。

卵子提供という方法で妊娠を希望する方も、親としての気持ちはみんな同じなんですね。